おサイフケータイ

おサイフケータイという言葉が日常化してきていますね。
これは、携帯電話に埋め込まれたフェリカ(FeliCaチップ)→ICチップを使ったサ
ービスで、このサービスに対応したモバイルFeliCaチップを内蔵した携帯電話
端末の総称なのです。

ドコモの携帯電話(おサイフケータイ)を用いた決済サービスとして2005年12月
1日に開始された。その後、一部のクレジット会社は、クレジットカードと一体であ
るクレジット一体型の取扱を開始した為、この会員であればおサイフケータイを持
っていなくても利用する事が出来るようになりました。

「おサイフケータイ」は登録商標されています。

ところで、カシオと株式会社NTT・ドコモは、iD™を中心
としたクレジットサービスの電子決済関連サービスと、店舗の売上集計や分析が
利用できる店舗支援サービスを提供する合弁会社「株式会社CXDネクスト」(以
下、新会社)を、2007年7月9日に設立することで合意したとのニュースがありました。

ではiDって何でしょうか?

iDとは、「Identity(存在証明)」という意味で、ドコモグループ
各社の DCMX mini を除き、iDに対応しているクレジットカードに紐付ける形となると
いわれています。この為、iDを申し込む際にiDに対応しているクレジットカードの会員
である必要があります(クレジット一体型を除く)。

新会社は、電子レジスターのトップメーカーとして様々なモデルの開発・販売で
培った店舗支援におけるカシオのノウハウと、ケータイクレジット「iD」の展開で
培った電子決済におけるドコモのノウハウを活かして、複数店舗を展開する中
小規模の企業を中心にネットレジを用いた新たなビジネスを展開するとともに、
カシオの電子レジスターの販売向上と「iD」およびおサイフケータイ®利用環
境の拡大を目指して行く方針です。

以上カシオHPニュースリリースより

http://www.casio.co.jp/release/2007/cxd.html</a>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です