Monthly Archives: 3月 2016

BGW-100電池交換

BGW-100は潜水用、フロッグマンタイプのBaby-Gです。

「どこのお店でも断られ、諦めていたので…」という声が多く聞かれる
G-SHOCKですね。

メーカーでは修理の際はベゼルを外すリスクがあるため、電池交換や修理は
受け付けてくれません。

当店ではベゼルに負担をかけることなくウラブタを開閉出来ます。

もちろん防水検査も行うことが出来ます。
bgw-100_before-repairing


BGW-100は言うまでもなくBaby-Gなので、女性ユーザーが多いです。
そのためか?G-SHOCKに比べて、概観も中身もきれいです。

ご覧の通り、ベゼルが付いたままウラブタが開いたことがわかります。
bgw-100_screw-back-opening-and-shutting



ユーザーさんからは、驚きと、喜びの声をいただいております。
bgw-100completion


当店修理サイトへ

MRG120 オーバーホール

mrg120のウラブタ(スクリューバック)を回して開けてみました。ウラブタとケース側にサビが有りました。

ケース・ウラブタの主な錆


mrg120電池交換等で、今回は電池の電圧は2.8ボルトに下がっています。本来は3.0ボルトが必要電圧です。
規定電圧なし(1)


モジュールを取り出して、ケース内側、ウラブタもほこりやサビを清掃します。
ケース・ウラブタ清掃後


無事、mrg120が再び動き始めました。
修理完了画像

当店修理サイトへ
関連記事