Author Archives: gmaster

メーカー退職後、G-SHOCK修理専門店の店長

MRG-120,MRG-120Tベルト付け根ピン脱落→当店で作成成功

MRG-120,MRG-120Tまだあります。

MRG-100,MRG-110、MRG-121やMRG-130など
 ☆当時40000円、50000円以上の価格のMRGシリーズ☆
ですが、ベルトの付け根の「圧入ピン」 「パイプ」 「Cカン」
の組み合わせです。

カシオでは、5年ほど前に「パイプ」が生産終了・在庫終了に
なってしまいました。

そこで長年、試行錯誤でパイプ制作を何度も繰り返し、
このたび、メーカーに劣らぬもの作ることに成功しました。



GW-1000DJ ケースベルト付け根破損修理

ケースのベルト付け根部がボッキリ折れています。
すでにカシオでは修理が終了していますが、なんとか直すことにします。

DSCN6832_case-BUNKAI_01



一番力が掛かる部分ですが、肉厚がこんなに薄いのは、折れてもしかたがない
デザイン(構造設計)があまいようですね。

DSCN6839_case-BUNKAI_02



超強力な接着剤を使ってみます。
接着後6時間後から硬化が始まり、24時間後には金属並みの硬さになる接着剤です。
<裏面画像>
RSCN6842_case-seccyaku02



<表面画像>
RSCN6848_case-seccyaku01



1日置いて組み立てました。
元の製品状態より強固な感じになりました。
RSCN6857_caseSyuuri-Comp01



修理完了です。付け根も頑丈になりました。
RSCN6860_caseSyuuri-Comp02



当店修理サイトへ