Category Archives: ここ違う・・破損や故障の原因

修理をしようとするときによくあるミス

MRG-2000DJ 電池交換 casioに断られました…

「OLD G-SHOCKを見捨てないで」シリーズ第三弾!としまして

—————-
メーカーの回答では、「防水検査が出来ないため」とのことです。???
これは、Mon, 05 Jan 2015 の事例です。

発売が2003年10月発売(生産終了)で修理依頼された日がおよそ12年経過していて、カシオでは
すでに「修理期間終了機種」に指定されていたと思います。

何しろベルトと本体を切り離すためには、あまりにも複雑かと思います。


ベルトの付け根にサキカンと呼ぶ部品がなかなか外れません。→→サビが原因です。


サビつき部品を辛抱強く取り外して修理中です。


電池交換そして防水検査も無事完了して、電波も受信しました。完了です。


当店修理サイトへ

AW-500 を見捨てないで!ほしい

「OLD G-SHOCKを見捨てないで」シリーズ第二弾!

AW-500D-2ETの修理を依頼したいのですが、
メーカーに出したところ以下の回答が来ました。

「電池交換のご依頼ですが、回路基板部品の故障による消費電流値オーバーが判明致しました。
モジュール交換が必要ですが部品入手不可の為、本機はAW-500D-2ETです。
99年製」—



上記のAW-500Dですが、おそらく①スクリューバックが開かられない、か、②開けない方針 では
ないでしょうか。

スクリューバックを回すには、まずベゼルが邪魔になります→で外す必要がありますが、
ネジ固着や、ベゼル破損(部品終了)のリスクがあるので、最初から別の原因を述べて
修理不可と述べていると思います。

何千種類も存在するG-SHOCKですので、メーカーとしては「お断りライン」を引かざるを
得ないのでは。



尚、当店では得意とする、「ベゼル脱着作業ナシ」で、大事なベゼルに負担をかけずに
スクリューバックを回すことが出来ます。

当店修理サイトへ

ベゼルネジ販売・旧モデルのDW-5000C、DW-5200C、DW5600C他

<ネジ販売について>

必ず修理サイトの「修理予約、お問合せのページ」の「電池交換以外」からお申込み下さい。
・お待ちの機種名もお知らせ下さい。

初代のG-SHOCKファンには朗報です。

材質はステンレス製(SUS303)の無垢材を1本1本削り出しによって作られた”マイナスネジ”です。
個別製作のため”高額な価格”になっています。

初代モデルに復帰するとても貴重なパーツです。

1本が800円です。が4本セットで購入される方が大半です。
尚、同時にG-SHOCK修理、及び電池交換・防水検査をご希望のお客様は、ネジ代金が10%引きになります。

カラーはシルバーのみです。

<代替え・適用出来る機種>
DW-5200C-1「240」
DW-5400C-1「240」
DW-5400C-9金色ネジに代替可
DW-5600C-1「691」
DW-5600C-1V「901」
DW-5600C-9V「901」金色ネジに代替可
DW-5700C-1V「901」
DW-5700C-9V「901」金色ネジに代替可
WW-5300C「491」使用可能です。

※ ご注意!G-SHOCKから外したものではありません。削りだし製作品です。

DW-5600C 「691」固着ネジを外しました

DW-5000シリーズ、OLDモデルでは、ベゼルのネジを回そうとすると
途中で折れてしまいます。

今回の5600Cは、マイナスネジ仕様のモデルでした。

ネジが中で腐食していないか心配でしたが、無事に外す事ができました。



ところで、今回は中身(モジュール)なしの状態で預かりました。

関連サイトへ
当店修理サイト