g-shock電池交換_コイルスプリング状の部品が・・・

G-SHOCKを、自分であけてしまった人が、よく見落とす部品です。電池ある付近に、直径が0.8ミリくらいで、長さは5〜6ミリ程度の小さなコイルスプリングです。これは、ブザーを鳴らすためにブザー素子へ信号を伝える電極みたいなものです。間違って、紛失したり、曲げてしまうと、ブザーが鳴らなくなります。

(画像中央部分)G-SHOCKを知らない時計店でも同じことがありました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です