Author Archives: gmaster

DW-9100のボタン入れ替え(移す)修理です

casio DW-9100PJ-7ですが、ボタンが経年劣化で汚れています。

同型の代替機があって、そちらからボタンを移植します。
注意することは、内部モジュール取り出さないと、ボタンを抜くことは出来ません。
圧力センサーが基板に接続されているので作業は注意が必要です。

DW-9100は4個のボタンが個別の形状だという事が分かりました。
間違えることは無いということです。




同じ機種を探すと、いまだにきれいなG-SHOCKが見つかるのですね。



当店修理サイトへ

DW-5000C. 「240」モジュール、電池押さえゴム

DW-5000C. 「240」モジュールでは、電池の規格ですが、CR-2320(直径23ミリ)です。
カシオでは終了して、現在ではBR-2320 電池を代用品として取り付けているようです。

画像はよく紛失してしまう電池押さえゴムの画像です。

なくしてしまうと、中を取り付けてもガタガタ揺れてしまいますね。

当店では代わりになる「スペーサ」を代用品で付けるサービスを行います。

—- しかし!
実際にあった事ですが、電池が規格→CR-2016 (これは現在でも多く流通していて径20ミリ)
を使用されている事もあります。
この場合、スペーサーは更に太めのものになります。

当店修理サイトへ
同機種関連サイトへ

WW-5100C-1

WW-5100Cは、1983年に発売されたG-SHOCKですが、販売数が少ないためか
当店に修理に入ることは稀です。
翌年 WW-5300Cが発売されています。

今回は、オーバーホールで修理することになりました。



スクリューバックケースは、DW-5000Cや、その後のDW-5600C等と同じです。
ガラス面のデザインが違うだけです。
DW-5000Cなどと同じ200m防水の印刷がされています。



モジュールは「491」です。DW-5000Cの「240」モジュール等より
故障が少ないと思っています。