Category Archives: G-SHOCK部品情報

DW-5000C、DW-5200C、DW5600C他、旧モデルのネジ販売しています

必ず修理サイトの「修理予約、お問合せのページ」の「電池交換以外」からお申込み下さい。
・お待ちの機種名もお知らせ下さい。
初代のG-SHOCKファンには朗報です。

材質はステンレス製(SUS303)の無垢材を1本1本削り出しによって作られた”マイナスネジ”です。
個別製作のため”高額な価格”になっています。

初代モデルに復帰するとても貴重なパーツです。

1本が800円です。
尚、同時にG-SHOCK修理、及び電池交換・防水検査をご希望のお客様は、ネジ代金が10%引きになります。

カラーはシルバーのみです。

<代替え・適用出来る機種>
DW-5200C-1「240」
DW-5400C-1「240」
DW-5400C-9金色ネジに代替可
DW-5600C-1「691」
DW-5600C-1V「901」
DW-5600C-9V「901」金色ネジに代替可
DW-5700C-1V「901」
DW-5700C-9V「901」金色ネジに代替可

※G-SHOCKから外したものではありません。

AW-571 電池液漏れ モジュール交換

AW-571 AW-571では、表示切れの原因が約90%近くが電池からの液漏れで基板がショートした
事が原因です。



メーカーではすでに修理が終了している機種です。

オークションなどで、同じ機種を入手しても、同様に液漏れで修理不可が多く見られます。

表示と針動作ををしている物を見つけるしかありません。


モジュール交換してみました。なんとか動作しました。



GW-700 部品終了 ケース交換

GW-700のケース交換の依頼がありました。

すでにボロボロの状態で、メーカーでも修理が終了している機種です。

今回は、中古で程度が良いGW-700を入手してケース交換実施しました。

心配なのは、ケース内に電波受信用のアンテナコイルが入っているため

実際に受信するまでは分かりません。


無事に電波も受信しました。

AW-500 止まり、表示しない、針動かない

aw500です。

今回は aw-500d です。モジュール番号は「380」 です。
止まってから長い間放置されたためか、電池から液が漏れてショート!

まず基板が駄目になっています。メカ部分にも損傷を与えています。

動作している380モジュールを入替えます。時針、分針、液晶板を元のモデル仕様に入替えます。




液漏れの原因でしょうか、ガラスの内側が曇っていました。


無事、修理完了です。針のステップも力強い動きです。


当店修理サイトへ