Category Archives: G-SHOCK部品情報

DW-8195-1A4

dw-8195-1a4_el-pic



DW81951A4 、DW-8195-1A4のELバックライトの「絵」です。

『頭はライオン(=強さ)、胸はヤギ(=優しさ)、尾はヘビ(=獰猛さ)を合わせ持つ妖獣「キメラ」です。』

当時のバリエーションはいろいろ用意されていて、今は本当に懐かしく思います。

大変貴重な存在だと思います。

現在もコレクターさんにはとても貴重なものとして君臨しています。


dw-8195-1a4_pic-only

mtg900電池交換・防水検査

mtg900はベルトのサキカン部分が「トモネジ」で固定されています。

外す時は苦労します。
screw


サキカンは、外してから12時側と6時側の清掃が必要です。→次回再度組み立てるときのために清掃します。
belt_take-off


無事、電池交換・防水検査が終了しました。電波も受信出来ました。
battery-exchange



当店修理サイトへ
関連サイトへ

BG-1000ST 電池交換

以前投稿したBG-1000ですが、同様のケースです。

時計店経由でメーカーに電池交換を依頼しましたが、古い機種なので
対応出来ないとの返答で返却されたそうです。

%e3%82%a6%e3%83%a9%e3%83%96%e3%82%bf%e9%96%8b%e3%81%84%e3%81%9f%e7%94%bb%e5%83%8f


当店で預かって調べると、やはりウラブタネジが固着していて、無理に
回すと、ネジの頭部が破損することが考えられ、もう製品が終了しているため
お断り されたとのだと思います。

当店での対処方法は、ネジにピンポイントで”熱”を加えることで、固着が
緩み、ネジが回転します。

%e9%9b%bb%e6%b1%a0%e4%ba%a4%e6%8f%9b%e3%83%bb%e9%98%b2%e6%b0%b4%e6%a4%9c%e6%9f%bb%e5%ae%8c%e4%ba%86%e7%94%bb%e5%83%8f


当店修理サイトへ

DW9900電池交換とベルト ユウカン取付け

画像は、DW-9900-1A電池交換・防水検査とベルトの12時側にあるユウカン取付けです。

ベルトは尾錠を分解する必要があります。ただし、それは簡単な作業ではありません。

U型の尾錠を押し広げる工具が必要になります。


yukan_cling


無事に電池交換・防水検査とユウカン取付けが終了しました。
battery-exchange_waterproof-check


当店修理サイトへ

G-011D電池交換・防水検査

G-011D電池交換ですが、デジ・アナタイプのG-SHOCKです。

普通ではない点ですが、気密パッキンが変形8角形?のような形をしています。

もっと普通ではない点が、電池のセットの仕方です。

多くのG-SHOCKは電極プラス+が”上”になっていますが、G-011Dは逆です。
マイナス(-)が上になっています。

G-SHOCK電池交換の経験がない”町の時計屋さん”などには任せないことです。

g-011d%e4%bf%ae%e7%90%86%e5%89%8d%e3%81%ae%e7%94%bb%e5%83%8f


無事に電池交換・防水検査が完了しました。
g-011d%e5%ae%8c%e4%ba%86%e7%94%bb%e5%83%8f