Archive for the 'G-SHOCK部品情報' Category

古いG-SHOCK修理、初代のG-SHOCK電池交換・防水検査  

画像は一例です

dw-6900bh_battery_430×321.jpg

古いG-SHOCKが引き出しから出てきたけど、カシオテクノでは
断られて、でも思い出のG-SHOCKだしどうしても電池交換をして
また動けば良いと、、、こんなメールを時々頂きます。

是非、当店にダメもとで相談して下さい。

出来る限り、お応え出来るよう対応させて頂きます。

当店修理サイトへ

DW-6900シリーズのベゼルはまだまだ入手が可能

DW-6900シリーズのベゼルはまだまだ入手可能です。

当店修理サイトからお問い合わせしてみてください。

ただ、カラー指定は望めません。その点をご了承願います。

WCCSモデルも少々在庫がございます。

G-SHOCK修理 MRG-110T ベルト駒修理 ヘアピン抜け、ヘアピン折れ

G-SHOCK修理で、MRG-110T ベルト駒の修理例です。

mrg-110t_band_hairpin01.jpg

mrg-110t_band_hairpin02.jpg

G-SHOCK修理で、MRG-110T ベルト修理例です。

チタンベルトの駒にはヘアピンで連結されています。

長年使用で、ヘアピンが摩耗したり、割れたりします。

第2駒(2番目)からヘアピンが使われています。

ピンの長さは、3種類ありますが、修理の時は全て交換
することがベストです。

関連記事
当店修理サイトへ

DW-9200K修理_ウラブタが回らない、その他ですが

お問合せ-DW9200K(g-shock電池交換・修理)について。

dw-9200k_case_adherence.jpg
DW-9200Kのウラブタが回らない

これは金属固着で回らないこと

気密パッキンが膨張してネジ山に溶け込んで固着したこと

以上が原因です。

当店修理サイトへ

DW-002 DW-003 DW-9000 DW-8000なら

G-SHOCKの初代モデルが壊れてきたという皆様へ

ベゼルが壊れた—。

ベルトがほしい—。

機能に不具合など

機種名でいうと
DW-002
DW-003
DW-6900
DW-8600 など、まだまだ探すと
ヤフオクなどで安く出て来ます。

一週間に一度くらいはヤフオクをググッてみて下さい。

当店修理サイトへ

次のページ »