Category Archives: ここ違う・・破損や故障の原因

修理をしようとするときによくあるミス

MRG-120故障

MRG-120はcasioではもはや修理不可能機種です。(TT)

自分では出来ず、なんとかしたいので時計店に預けると
これまた壊されてしまう事が多いみたいです。

規格のサイズよりも分厚い電池を入れてしまい、基板が潰れる
ところでした。


下の画像は、重要な気密パッキンが意味のないところに置かれていました。
よく水が入らなかったと思います。
G-SHOCKは200メートルもの防水性能があるのですから。


電池交換すると同時に気密パッキンも必ず交換します。
G-SHOCKですから!


当店修理サイトへ

関連サイトへ

MRG-2000DJ 電池交換 casioに断られました…

「OLD G-SHOCKを見捨てないで」シリーズ第三弾!としまして

—————-
メーカーの回答では、「防水検査が出来ないため」とのことです。???
これは、Mon, 05 Jan 2015 の事例です。

発売が2003年10月発売(生産終了)で修理依頼された日がおよそ12年経過していて、カシオでは
すでに「修理期間終了機種」に指定されていたと思います。

何しろベルトと本体を切り離すためには、あまりにも複雑かと思います。


ベルトの付け根にサキカンと呼ぶ部品がなかなか外れません。→→サビが原因です。


サビつき部品を辛抱強く取り外して修理中です。


電池交換そして防水検査も無事完了して、電波も受信しました。完了です。


当店修理サイトへ

AW-500 を見捨てないで!ほしい

「OLD G-SHOCKを見捨てないで」シリーズ第二弾!

AW-500D-2ETの修理を依頼したいのですが、
メーカーに出したところ以下の回答が来ました。

「電池交換のご依頼ですが、回路基板部品の故障による消費電流値オーバーが判明致しました。
モジュール交換が必要ですが部品入手不可の為、本機はAW-500D-2ETです。
99年製」—



上記のAW-500Dですが、おそらく①スクリューバックが開かられない、か、②開けない方針 では
ないでしょうか。

スクリューバックを回すには、まずベゼルが邪魔になります→で外す必要がありますが、
ネジ固着や、ベゼル破損(部品終了)のリスクがあるので、最初から別の原因を述べて
修理不可と述べていると思います。

何千種類も存在するG-SHOCKですので、メーカーとしては「お断りライン」を引かざるを
得ないのでは。



尚、当店では得意とする、「ベゼル脱着作業ナシ」で、大事なベゼルに負担をかけずに
スクリューバックを回すことが出来ます。

当店修理サイトへ