Category Archives: G-SHOCK

DW-5600C,DW-5000C,DW5200C, 共通の不具合 ケース内側ガラス

DW-5600C,DW-5000C,DW5200C,などに共通の不具合は、ケース内側ガラスのブザー素子にある素子。

ガラスの内側にはブサー音を発生させる素子が貼り付けられています。

ひび割れしやすい素子ですので、絶対に衝撃を与えないことです。


赤線で囲まれた部分は、画像はすでに欠けてしまった状態の例ですが、なんとかブザーは 鳴っています。


当店修理サイトへ

MRG-120故障

MRG-120はcasioではもはや修理不可能機種です。(TT)

自分では出来ず、なんとかしたいので時計店に預けると
これまた壊されてしまう事が多いみたいです。

規格のサイズよりも分厚い電池を入れてしまい、基板が潰れる
ところでした。


下の画像は、重要な気密パッキンが意味のないところに置かれていました。
よく水が入らなかったと思います。
G-SHOCKは200メートルもの防水性能があるのですから。


電池交換すると同時に気密パッキンも必ず交換します。
G-SHOCKですから!


当店修理サイトへ

関連サイトへ