G-SHOCKが冬になってガラスが曇るのは、この”夏”に原因あり

G-SHOCKのガラス内側が曇ることがありますよね。スキーに行って時間を見ようとしたら曇っていた。そのほか寒い所から急に暖かいところに来たら、ガラスが曇っていた等。

これらの原因は

・湿気の多い夏に、自分でフタを開けて、室内の湿気が混入した、又はパッキンの不具合で水が入った。
・フタを開けたときに、顔を近づけすぎて、”息”が混入した
・カシオのサービスセンターや指定店以外で電池交換をした
・気密パッキンが変形したり、グリス切れによる湿気の混入

以上が大半の要因です。

モジュールと液晶板の隙間に湿気が入ると、メーカーでしか修理が出来ないことがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です