プロトレックその2・・影の功労者

PRT-40というトリプルセンサーの時計が大ブレークする以前、地道にその存在を知らしめて行ったのが、1994年に発売された、ATC-1100です。翌年にはDPX-500というモデルが発売されています。両方とも、中身(モジュール)は同じものが使われています。価格も25000円もしました。

見た目は、PRT-40と変わりがありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です