不思議発見!

【電波時計-電波受信】
7月31日の記事では、車や鉄筋構造の環境下では電波が受信できないと言いましたが、時計自体、G-SHOCKや他の電波時計が金属構造になっているのは、同じように受信できないのではと、気が付きました。 不思議発見です。

調べました。ちゃんと電波が受信できるように、時計のケースの一部が”樹脂製”になっているのです。カテゴリー、シリーズ別に構造が決められていました。

ケース構造の主な例として

  • 樹脂のみ、G-SHOCKで【GW300】シリーズなど
  • 樹脂とステンレスの組み合わせ、G-SHOCKで”The G”やベーシックモデルWVシリーズ【MTG-900】
  • 樹脂とチタンの組み合わせ【GW500、WVA-400】他
  • 樹脂とアルミの組み合わせ、レディースタイプ【LWV-101】
  • 以上です。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です