ELバックライト・・・点灯のしかたいろいろ。

夜間に時間を確認するときに便利なELバックライトですが、G-SHOCKも機種によって発光のしかたが違います。
取扱説明書から転記しました。
以下は、取説番号(モジュールNo)【1545】を参照しました。
++++++
★ELバックライト ON/OFF 切り替えについて
右側にあるボタン(機種により違う)右上、または右下ボタンを1〜2秒間押し続けるごとに確認音が鳴り、ELバックライトのONマークが点灯します。
※「☆ELバックライトの自動発光」を参照しました。

★ELバックライトの自動発光
ライトON(ライトマークが表示)のときは、電子音(アラーム音)のタイミングに合わせて自動的に文字板が発光します。
※電子音報音と発光のタイミングについては各機能の項目をご覧ください。

●直射日光下では、発光が見えにくくなります。
●電子音の報音と発光のタイミングが若干ずれることがありますが故障ではありません。
●発光中にアラーム等の電子音が鳴ると発光を中止します。
●発光中に時計本体より音が聞こえることがありますが、これはELパネルが点灯する際の振動音であり、異常ではありません。
++++++
このほかにも、腕を傾けるだけで(時刻を見るときの動作)EL が発光するモデルもあります。次回説明します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です