G-SHOCK:DW5000C、DW5600Cのウラブタ研磨

最近、OLDファンの皆様からの強い要望もあり、何とか少しでもぴかぴかにして喜んでいただく事が出来ないものかと試行錯誤しておりましたが、機材などをそろえる事が出来、実際にウラブタを研磨してみました。細かいキズは見事に消えますが、爪にひっかるような深いキズは無理です。
あと、ウラブタが鏡面仕上げではないデザインのものは出来ません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です