初代スピードモデル、BACK(裏蓋)について

back_hairline.jpg

back_mirror_finish.jpg

裏蓋のデザイン加工として、「鏡面加工」と「ヘアーライン加工」が有ります。
キズが目立たないようにする加工が、「ヘアーライン研磨」という加工です。
ただ、一度キズが付くと修復は出来ません。

鏡面仕上げの方ですと後々、汚れ落しや清掃する場合、容易に行えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です