ウラブタ 鏡面仕上げが復活 研磨です

OLDファンの方々が永年使用の中で、G-SHOCKのウラブタはこんなにくすんでしまうものなのですね。これは、スクリューバック型のウラブタですが、ちょっと研磨してあげると、鏡のようにピカピカによみがえります。でも、深いキズや、穴はダメです。
※対象外として、ウラブタのデザインが”円形”模様が入ったものは研磨できません。あくまでも、鏡面仕上げのものに限ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です