g-shock電池交換_G-SHOCKのガラスが曇る!

最近、G-SHOCKの「水入り」もしくは、ガラスが曇るという修理が入ってきております。
原因、経緯をうかがいいますと、「自分で電池交換した」、「時計店に頼んで電池交換してもらった」が多数を占めております。

ところで、何でもネットを見れば分かる時代では有りますが、無責任なサイトがあります。G-SHOCKの電池交換の方法を写真入りで披露しているサイトがあり、多くの場合、肝心の防水試験までは説明されていません。

腕時計を購入して半年や一年位では、気密パッキンもまだ形が整っているため、電池交換したときに偶然、元の位置にセットされ安いですが、古いG-SHOCKですと、気密パッキンはぺしゃんこになって、外形がふやけてしまっています。

いくら頑張っても、パッキンを正しくセットできず、防水性は保持されません。しかも調べようがありません。
思い出深いG-SHOCKをだめにしないで下さい。当店では防水検査の設備がありますのでご安心を。

メーカー同様、当店において”水入り”は例え今駆動していても修理はいたしません。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です