G-SHOCKだから大丈夫とは言えません・・・ボタン類編

G-SHOCKで初代のスピードモデルなどは10年以上経過したものが多いのですが、
G-SHOCKだから平気なんだとは言えない時期に来ているようです。

今日まで、ふとしたことから、時計をドアにぶつけたり、引っ掛けられたりしながら、今まで
耐えてきてもらったのですが、時々はじっくり時計を見てあげてください。
ボタンなどが傾いたりしていませんか。

画像のようにボタン軸が曲がりますと、部分修理やオーバーホールが難しく、
機密性が失われて、水分が入ってしまう原因になります。
この時計のボタン類は生産終了ですので、是非、日常大事に使って行きたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です