プロトレック電池交換、PRT-50_500ここが違う

PRT-50_NG.jpg
PRT-50や500は電池押さえ板が非常に外しづらいのです。どうしても
先の細いピンセットや時計ドライバーでフックを外そうとしますが、勢い余って
下の回路基盤をキズにしたり、フック自体を支えるハウジング(白い樹脂枠)
を破損してしてしまいます。後者の場合もう部品は手に入りません。
PRT-50_OK.jpg
そこで、必ずプラスチック製のピッセットや幅広の”ヘラ状”のもので電池押さ
え板先端付近を上から押さえつけます。それによってフックが電池の端から
わずかに隙間が出来ますので、そこを狙って電池押さえ板を外します。

これで、ハウジング・電池押さえ板共に変形させないで開けることが
出来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です