ハードディスクの内部は進化して

HDD(ハードディスク)を廃棄する事になり、ディスクをはずしてデータを読み取り
不可能にしました。
分解してみると、内部構造のすばらしさに感動しました。ここまで進化している
とは!<画像のHDDは60ギガバイト>
hdd_naibu.jpg

自分がハードディスクをはじめて見たときは30年ほど前だったと思います。
振動から守るために大きな筐体に入っていて、その大きさは事務机の「脇机」位
私の記憶では→高さ70センチ、幅40センチ、奥行き50センチの大きさです。

例えが的確ではありませんが、昔の「湯たんぽ」よりも大きく重く、作業は大変でした。
それと記憶容量は今では信じられませんが、たったの”1メガバイト”でした。
その後、すぐに10メガバイトのものが出来ましたがそれ以降は別な部署に配転に
なり、ハードディスクの進化していく様子は知りませんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です