月別アーカイブ: 2004年5月

g-shock電池交換_電池交換100本突破!皆様、ありがとうございます。

昨年11月18日に一本目がスタートして、今日・平成16年5月23日、100本を突破しました。

一本目は、茨城県のT様。そして、100本目は、京都のS様です。

皆様、本当にありがとうございます。今後とも、最高のサービス品質を目指し、がんばってまいります。

時計も時々手入れが必要です

■手入れを怠ると・・

「サビ!」

・例えば、ステンレススチールだからサビないとは言えません。サビにくい性質ですが、汚れによりサビが発生します。
・あと、ステンレスは自らは錆びませんが、外部からの”サビの核”が付着するとサビが付きます
5600c_case_sabi.jpg

「劣化!」

・樹脂バンド(ウレタン製など)は汗などの水分で濡れたままにしておいたり、湿気の多い場所に保管すると、劣化が早くなり、切れたり、折れたりすることがあります。

「かぶれ!」

・皮膚の弱い方やアレルギー体質の方は、かぶれたりすることがあります。特に、皮バンドや樹脂バンドをお使いの方は、こまめにお手入れをすると良いでしょう。あるいは、金属バンドの時計をお選びになる事もおすすめします。

■お手入れの方法

・時計本体ケースやバンドの汚れ、汗や水分などは、吸湿性のよい柔らかい布でふきとり、常に清潔にしておくと良いです。

・金属バンドは、時々、部分洗いすることをおすすめします。部分洗いのときは、時計本体に水がかからないようにしてください。非防水の時計では故障の原因になります。また、防水の時計でも石けん水により、防水性が損なわれることがあります。

タフ・ソーラーg-shock電池交換_あれ?ソーラーの電池切れ?

カシオのタフソーラーは、どんな仕組みで電力を保持
しているかと言いますと、
まず太陽や蛍光灯の光を、時計の文字盤に相当する
“ソーラーパネル”が受けます。
その電力を”二次電池”と呼ばれる電池へ充電します。

この電力で時計を駆動したり、バックライトを点灯さ
せたり、ブザーを鳴らしたりしています。
注意が必要なのは、暗いところに、約6ヶ月以上放置
したりするとしまいには時計機能が停止します。

時計が常に洋服の”袖”に隠れていたりするのも充電
が弱まるでしょう。

時々、充電サインを確認するように心がけが必要です。
もし、充電サインが出たら、部屋の窓際など、
明るい場所で充電しましょう。

ただし、使用環境下で、「充電・放電」の回数限界
になると充電されなくなります。

g-shock(ベビーG)電池交換_リチウム電池や銀電池の事・G-SHOCK

よく、コンビニや。スーパーにぶら下がっているボタン電池は電卓用・電化製品用
のものです。

カシオのG-SHOCK等の時計は、時計専用の電池を使います。
また、モデルによって電池の種類が異なります。

・ボタン形酸化銀電池(高電流タイプといいます)
これは、コンビアナログ式(デジタルとアナログ両方の機能を備えている時計)や、デジタルだけの機能で動作する時計に使われる電池です。
記号数字の末尾に”W”と明記されています。
SR621W SR1120W SR920W SR626W SR927Wなど(電圧は1.55Vです)
使用例として、カシオのプロトレックや、MR-G、AW-570、DRO-202などに使われています。
※高電流タイプの電池を使用している時計に、低電流タイプの電池を使用しないでください。

・ボタン形酸化銀電池(低電流タイプです)
これは、ピュアアナログ(時計が針式のみのモデルです)記号数字の末尾に”SW”と明記されています。
SR621SW SR1120SW SR920SW SR626SW SR927SWなど(電圧は1.55Vです)

・ボタン形酸化銀電池(*充電タイプ用です)
XR7926W XR9520Wなどです。

・コイン形二酸化マンガンリチウム二次電池は、小型で充電可能な電池です。
ML-2032 ML-2016などです。
使用例は、G-SHOCKでは、DW9700、GW-200に使用されています

・コイン型リチウム電池(高電流タイプです)
CR1216 CR1220 CR1616 CR2016 CR2025 CR2032など(電圧は3.00Vです)

カシオのG-SHOCKの大半が上記のタイプです。他にBaby-G、リストカメラなどに使用されています。
高電流タイプの電池を使用している時計に、低電流タイプの電池を使用しないでください。過去の例として、ボタン形酸化銀電池を使用している時計に、間違えて、低電流タイプ(SW)が入っていることがあります。必ずサービスセンターや弊社にお任せください。
参考:電池メーカー