アナログG-SHOCKの時刻あわせの方法は?

時計に向かって右側(MRGは左側もある)のリューズを下方向(左巻き)に回して
軽くなった状態で更に頭を右に引くと”カチッ”と音がします。
その状態で時刻あわせを行います。
ruz_rotation1.jpg

裏面から見ると分かりやすいです。
ruz_rotation2.jpg
終わってもそのままではいけません。リューズを元にねじ込むことを忘れないで下さい。

防水時計のと言っても、リューズを元に戻さないで海水浴や、シャワーを浴びたり
しますと、隙間から水が入り、故障の原因になります。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です