「Baby-G」カテゴリーアーカイブ

BG-1000 電池交換・防水検査 Baby-G 修理

bg1000電池交換です。
初期のベビーGで、BG-1000について

bg1000は、メタルケースです。Baby-Gの中ではめずらしいモデルです。

そのため、ウラブタのネジはタッピングネジではなく、ミリネジです。

しかも、扱った中で、ほとんど90%が固くて回りません。

工場出荷ではネジロックを塗布しているため、何年も時間が経つと絶対に
回りません。

解決方法として、ネジ部分にスポット加熱するしかないのですが、他の
部品を壊してしまうので、極細のスポットバーナーなどが必要です。


ネジ固着

表示復旧

BGW-100電池交換

BGW-100は潜水用、フロッグマンタイプのBaby-Gです。

「どこのお店でも断られ、諦めていたので…」という声が多く聞かれる
G-SHOCKですね。

メーカーでは修理の際はベゼルを外すリスクがあるため、電池交換や修理は
受け付けてくれません。

当店ではベゼルに負担をかけることなくウラブタを開閉出来ます。

もちろん防水検査も行うことが出来ます。
bgw-100_before-repairing


BGW-100は言うまでもなくBaby-Gなので、女性ユーザーが多いです。
そのためか?G-SHOCKに比べて、概観も中身もきれいです。

ご覧の通り、ベゼルが付いたままウラブタが開いたことがわかります。
bgw-100_screw-back-opening-and-shutting



ユーザーさんからは、驚きと、喜びの声をいただいております。
bgw-100completion


当店修理サイトへ

BGW-100電池交換・防水検査

DSC00786_600x400


フロッグマンのファミリーでBaby-G初期モデルです。

BGW-100は小柄ながらガッチリとしたボディーです。

今回も、ベゼルは付けたままの状態でウラブタを開けることが
出来ました。

ベゼルには全く負荷をかけていません。


DSC00790_600x400_完了画像


当店修理サイトへ

BGT-120 電池交換・防水検査

BGT-120?


20年前とか初代のBaby-Gは、それぞれ色々な思い出がこもっています。

今回も、表示切れですでに諦めていたところ、当店を探し当てて
電池交換を依頼されました。

お客様の声を聞くと本当にまだまだ初代のBaby-GやG-SHOCKの電池交換を
続けていきたいと思います。

電池交換・防水検査完了


当店修理サイトへ