Category Archives: Baby-G

BG-1000ST 電池交換

以前投稿したBG-1000ですが、同様のケースです。

時計店経由でメーカーに電池交換を依頼しましたが、古い機種なので
対応出来ないとの返答で返却されたそうです。

%e3%82%a6%e3%83%a9%e3%83%96%e3%82%bf%e9%96%8b%e3%81%84%e3%81%9f%e7%94%bb%e5%83%8f


当店で預かって調べると、やはりウラブタネジが固着していて、無理に
回すと、ネジの頭部が破損することが考えられ、もう製品が終了しているため
お断り されたとのだと思います。

当店での対処方法は、ネジにピンポイントで”熱”を加えることで、固着が
緩み、ネジが回転します。

%e9%9b%bb%e6%b1%a0%e4%ba%a4%e6%8f%9b%e3%83%bb%e9%98%b2%e6%b0%b4%e6%a4%9c%e6%9f%bb%e5%ae%8c%e4%ba%86%e7%94%bb%e5%83%8f


当店修理サイトへ

DW9900電池交換とベルト ユウカン取付け

画像は、DW-9900-1A電池交換・防水検査とベルトの12時側にあるユウカン取付けです。

ベルトは尾錠を分解する必要があります。ただし、それは簡単な作業ではありません。

U型の尾錠を押し広げる工具が必要になります。


yukan_cling


無事に電池交換・防水検査とユウカン取付けが終了しました。
battery-exchange_waterproof-check


当店修理サイトへ

BG-1000 電池交換・防水検査 Baby-G 修理

bg1000電池交換です。
初期のベビーGで、BG-1000について

bg1000は、メタルケースです。Baby-Gの中ではめずらしいモデルです。

そのため、ウラブタのネジはタッピングネジではなく、ミリネジです。

しかも、扱った中で、ほとんど90%が固くて回りません。

工場出荷ではネジロックを塗布しているため、何年も時間が経つと絶対に
回りません。

解決方法として、ネジ部分にスポット加熱するしかないのですが、他の
部品を壊してしまうので、極細のスポットバーナーなどが必要です。


ネジ固着

表示復旧

BGW-100電池交換

BGW-100は潜水用、フロッグマンタイプのBaby-Gです。

「どこのお店でも断られ、諦めていたので…」という声が多く聞かれる
G-SHOCKですね。

メーカーでは修理の際はベゼルを外すリスクがあるため、電池交換や修理は
受け付けてくれません。

当店ではベゼルに負担をかけることなくウラブタを開閉出来ます。

もちろん防水検査も行うことが出来ます。
bgw-100_before-repairing


BGW-100は言うまでもなくBaby-Gなので、女性ユーザーが多いです。
そのためか?G-SHOCKに比べて、概観も中身もきれいです。

ご覧の通り、ベゼルが付いたままウラブタが開いたことがわかります。
bgw-100_screw-back-opening-and-shutting



ユーザーさんからは、驚きと、喜びの声をいただいております。
bgw-100completion


当店修理サイトへ