スピードモデルの初代DW-5000C、WW-5100C、DW-5600C共通

ここでは、押しボタンについてです。 それもボタン軸の防水パッキンの事です。

直径が約2.20ミリのゴムパッキンですが、このパッキンのおかげで20気圧も
の気圧(水圧)に耐えてくれています。
でも、DW-5000Cなどは、生まれて24年も経ちます。よく耐えているものです。

G-SHOCK修理などでボタンを引き出すと、ほとんどが変形しています。
その画像です。
button_of_pakkin1.jpg

こちらは、まだ形がちゃんとしているパッキンです。
button_of_pakkin2.jpg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です